2016年4月27日水曜日

Idea of which one person rescues one cat.


We ordinary people tend to leave issues of stray cats to an activist group such as an NPO. I also have asked to rescue stray cats three times for three activist groups in the past. But all of them rejected before I tell the details. However, if you think of it carefully, you will notice it's a wrong idea to expect that an activist group could rescue stray cats without restriction. And it might be a better idea that one person rescues one cat rather than one activist group rescues 100 cats. So we ordinary people should do what we can do.

I don't recommend to rescue multiple stray cats at a time. Keeping multiple cats could be a more serious problem for cats when the keeper become poor or sick, and when he or she dies. The ideal activity which I think of is one person rescues one cat. If this idea and activities spread widely, stray cats would reduce. There are so many stray cats in outdoors, but it's obviously less than humans.

Then we, people of Tokyo, come up against an obstacle that 90 percent of apartments in Tokyo prohibit to keep a pet. I don't think it is right to ignore bad rules. Though I broke the rule twice for rescue fragile lives, a kitten and a sick old cat, I currently have moved to an apartment which one of 10 percent. The tendency of our society should be shifted. It is not less people who tell the reason why they can't keep or rescue a stray cat. I eager to let landlords and management companies know that acceptance of keeping a pet means to save a life.


This photo was taken in 31 August 2012, Tokyo, Japan. ©Naoto Shinkai

一人が一匹を救う、という考え


 私たち一般市民は、野良猫の問題をNPOのような活動団体任せにしがちである。かく言う僕も過去に三回、三つの活動団体に野良猫を救出してもらえないか尋ねたことがある。しかしそれらは、詳細を伝える以前にすべて断られた。しかし考えてみれば、彼らに無制限に野良猫を救出することを期待するほうが間違っている。一人が一匹の野良猫を救うほうが、一つの活動団体が百匹の猫を救うよりも健全だとも言える。私たち市民は自分たちでできることをするべきなのだ。

僕は、一度に何匹もの野良猫を救出することは勧めない。複数の猫を飼育することは、飼い主が貧しくなったり、病気になったり、亡くなったときなどにはより深刻な問題になる。僕が考える理想は、一人一猫の救出である。この考えと活動が広まれば、野良猫は減るだろう。街に野良猫がいかに多いとはいえ、人の数ほどではないからである。

しかし、ここで私たち東京の市民は、東京の賃貸住宅の九割がペットの飼育を禁止している、という障壁に突き当たるのである。僕はこのルールを無視していいとは思わない。弱った生命を救うことを優先し、二度ルールを破ったことがあるが、今では残りの一割のうちのひと部屋に引っ越している。しかし、この社会傾向はやはり転換されるべきである。猫を飼えない・救えない理由に、このルールを挙げる人は少なくない。大家さんや管理会社の人たちには、ペットの飼育を許可することは、生命を救う行為でもある、ということをぜひとも知ってもらいたい。


2012年8月31日 東京都内にて撮影 ©Naoto Shinkai

2016年4月24日日曜日

Increasing of stray cats caused by media.


The media, mainly publishers, in Japan often introduce stray cats as free, funny, cute animals living in outdoors. When publishers feature about stray cats in a magazine, they write a title of the article like: ‘Happy cat town of Tokyo’, ‘Paradise island of cats’, ‘Joyous encounter with alley cats.’ And a lot of photo books distribute so many happy looking images of stray cats to people.

One day, I went to a cat photo exhibition, the photo of the poster and the flyer was a jumping cat. The photo is apparently amazing. The cat's tail is held vertically, the background is the blue sky. But I couldn't help but feel different in the face. The eyes aren't animated. I doubted if the cat really had jumped pleasantly. However, people smiled at the sketchy impression.

Hanging around to expect to encounter stray cats in a town and meeting a cat who looks happy, and taking their photos, sharing the photos on the internet with cat lovers are wonderful.  But I gradually became to feel it's hard. Because there are definitely so many pitiful stray cats than happy stray cats. When I take 10 stray cat photos, for example, 7 miserable cats will be hidden in my storage and 3 happy-looking cats will be in publish makes me feel that I am betraying stray cats totally. I began to think I should take photos which represent stray cats.

I had been taking stray cat photos for 6 years and one conclusion came out. It was unexpected even for me. It is all cats shouldn't be in outdoors. Every cat is a creature who should be relaxed in a human's house. I learned this truth from an sick old cat who was rescued by me.

Some of the people who feed stray cats, or wild birds, are trying to make an ideal circumstance of human and animal coexistence. But this is a wrong idea. Cities are consisted in the exclusive way for animals. Asphalt and concrete don't resolve animal excrement. Cats are non-wildlife who have been selected and evolved by human beings. So its brain keeps itself being infant even when the body grows up an adult. The fact of stray cats is just infants who are living in the outdoors.

The municipal governments of Japan must have been culling tens of thousands stray cats every year for more than four decades. The fact exists behind the tendency of uncritical admiration of stray cats from far away. The media still contribute making such tendency.

*I post this image of a stray cat leaping downward, as a metaphor of their lives.


This photo was taken on 10 February 2013, Tokyo, Japan. ©Naoto Shinkai

野良猫を増やしかねないメディア


日本のメディア──特に出版社は、しばしば野良猫のことを、屋外で暮らす、自由で・楽しい・可愛い動物というように紹介する。雑誌が猫特集を組むときには、次のようなタイトルの記事を書く。『東京のしあわせな猫町』『猫たちの楽園島』『楽しい外猫めぐり』。また、数多くの写真集によって、幸福な野良猫というイメージが大量に流布される。

ある猫写真展に行ったとき、ポスターとチラシで使用されていた写真は、飛んでいる猫だった。その写真は、一見すると素晴らしい。尻尾は垂直に立ち、背景は青空である。しかし僕は、猫の顔に違和感を覚えた。目に生気がないのだ。この猫は楽しい気分で飛んでいるのだろうか、と僕は不安になった。けれど、人々は大ざっぱな印象に笑むのである。

猫を探して町を歩き、幸福そうな猫に出会い、撮影し、その写真を猫好きな人たちとシェアするのは楽しい。しかし僕は、それが段々と苦痛になった。幸福な猫よりも、気の毒な猫のほうが明らかに多いからである。撮影した10匹のうち見映えの悪い7匹をお蔵入りにして、残りの3匹を写真共有サイトにアップロードする、というような行為は、野良猫たち全体を裏切っているような気がした。僕は、彼らを代弁するような写真が撮れないかを考えるようになった。

六年間、野良猫の撮影をして、僕はひとつの結論にたどり着いた。それは、自分でも思いもよらぬものだった。猫は路上にいるべきではない、というのがそれである。猫はすべて、人の家の中でぬくぬくしているべき生き物なのである。僕はこのことを、街路で拾った老猫から教わった。

野良猫や小鳥に餌やりをする人の中には、人間と動物が共生する理想像を求めている人がいる。しかし、これは間違っている。街は、動物を排する様式で作られているからだ。アスファルトとコンクリートは、動物の糞尿を分解しない。猫は、人間が選別・育種した非野生動物で、その脳は、体が成熟しても幼児のままである。路上暮らしをしている幼児、というのが野良猫の実情なのだ。

日本の自治体は、四十年以上にわたり、毎年何万という野良猫を殺処分してこなければならなかった。野良猫を遠目に眺めて、手放しに賛美してきた風潮の裏には、このような事実がある。その風潮を作るのに、メディアは今も一役買っている。

※この野良猫が下降している写真は、彼らの生き様の暗喩として載せる。
 

2013年2月10日 東京都内にて撮影 ©Naoto Shinkai