2016年3月6日日曜日

野良とは、長生きできない、という意味


路上は、猫が暮らすのにふさわしい場所ではない。

私たちは「野良猫は自由だ、すばしっこい、たくましい」と楽観的に考えがちである。しかし、それは現実ではなく、願望に過ぎない。そう言うことで、私たちは自分たちの良心を防護し、呵責から解き放とうとする。

現実には、彼らの多くが、猫エイズや猫白血病、腎不全、その他の感染症などの深刻な疾病を抱えている。そうでなくとも、肉体的障害を持っていたり、交通事故や悪意のある人間によるトラウマを抱えていたりする。獣医師の元へ連れていけば、彼らがどれほど傷ついているか、医学的な数値としてはっきり提示される。

日向で毛づくろいをしている野良猫がいる一方で、影から影へと人目をしのぶ野良猫たちが数えきれないほどもいる。彼らが病気になって動けなくなると、行政はそれを駆除の対象とみなす。彼らが生んだ仔猫たちも、健康であっても、同様である。しかし、僕は行政の非よりもむしろ、安易な餌やり行為に問題があると考えている。六年間、東京の野良猫たちを追い、触れ合い、撮影し、その過程で餌やりの人たちと出会い、会話を交わした結果、そう思うのだ。

一般に、野良猫はおよそ三年から四年の寿命だと言われる。しかし、その概算には、死産や幼猫の死、人目のつかない場所での多くの死が含まれていないはずである。


2013年3月1日 東京都内にて撮影 ©Naoto Shinkai